読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

に踏み込んで言えば、幸せとは個人の中

作って、どれが一番重要なのかを見極めてモデルを作るところまでが全自動になっています。全部が自動で回るようになっているので、どんどんデータを入れれば、AIは片っ端からどんどん学習して賢くなっていくんです。 マイケルコースiphone7ケースカバー激安 飯田: AIを人間の脳に似せることがひとつの究極の目標なのかと想像するのですが、人間の学習サイクルを機械化して、その部分は人間の外で行って人間にフィードバックするというのはまったく違う世界ですね。SF風に言えば「外部思考装置」をムードメーカーの役割はますます大きくなる 飯田:人と人とがチームを組んで、AIを活用しながら働いていくために必要な能力もありそうな気がします。 ルイヴィトンiphone7ケースチームでやるからこそ必要となるAIの使い方は、どのようなものだとお考えでしょうか。 矢野:それは私たちがここ10年で、最も力を入れているテーマです。 最新iphone7ケース人間の場合、利益を目指しつつも、一見、直接は利益に直結しないように見える行動も採らなければいけない場面もあります。特にサービス業やナレッジワーカーでは、そのような場面が多いのです。 エルメス iphone7ケースそれらを最適化し、どうやって本人にもチームにも還元するのか。人間には心があり、モチベーションがあり、チームワークもある。 エルメス iphone7ケースここにAIをどう介在させるのかは一大課題だと思います。 矢野:私たちは2006年から1万人を超える人たちの日常行動を100万日以上にわたり、ミリ秒単位の解像度で、データとして大量に収集しています。 グッチiPhone7ケース腕や胸に加速度センサーを着けて動きを記録していくことで、活動的な時間帯とそうでない時間帯、ほかの人との交流の多い時間帯と少ない時間帯がわかるのですが、これで人間の「ハピネス」、つまり幸福感が測れることもわかってきました。  ハピネスについてはまず、オーソドックスにアンケートで調べました。 エルメス iphone7ケース10の組織、468名の方々に、20問の質問をしたんです。「今週、幸せだった日は何日くらいですか」や、「悲しかった日、楽しかった日、孤独だった日を0から3の4段階で答えてください」といった設問です。 ルイヴィトンiphone7ケースもっともハッピーな人は3 ×20=60点になります。これを組織の中で平均すると、その組織が幸せなのか、そうでないかが数値化されるというわけです。 マイケルコースiphone7ケース  その数値が、胸に付けた加速度センサーが示すある値と0.94という高い相関を示すことがわかったんです。こんなに相関が高ければ、アンケートは不要になってしまう。 シャネルiphone7ケース胸に加速度センサーをつけてもらえれば、組織が幸せかどうかわかるんです。  わかったことは、幸せかどうかは、集団の行動に多様性があるかどうかなんですね。 エルメス iphone7ケース人間の行動は、止まっているか動いているかです。組織の自由度や行動の多様性はそこに現れてきます。 シャネルiphone7ケース  人は、机に座っている時でも、無意識に動いたり止まったりしています。ちょっと動いてそのまま動かなかったり、20分間動きっぱなしだったりとさまざまですが、平均を取れば身体運度を開始した人は10分程度は動き続けます。 グッチiPhone7ケースそのなかでもハピネスの高い人たちは、短い動きと長い動きがミックスされた多様な行動を取る傾向があります。一方でハピネスの低い集団は動きが均質で、動きの長さが10分くらいで均質化してしまうといった傾向があるんです。 最新iphone7ケース 飯田:かつての工場のライン工のような動き方ですね。 矢野:そうなんです。 シャネルiphone7ケースこういった、これまでは定量化できなかったことを定量化してみると、人間の働き方は私たちが素朴に考えていたものとは大きく違いました。ハピネスの高い人ほど生産性も高い。 シャネルiphone7ケース  これは店舗でも、コールセンターでも、ソフトウエアやシステムの開発業務など幅広い組織に当てはまります。  さらに踏み込んで言えば、幸せとは個人の中にあるものではなく、きわめて集団的な現象だと考えています。 ルイヴィトンiphone7ケース多くの人が生活する中で素朴に実感していることだと思いますが、個人の幸せを突き詰めて考え始めると忘れてしまいがちですよね。

 シャネルiphoneカバー

 シャネルiphoneカバー

 シャネルiphoneカバー

 シャネルiphoneカバー

矢野:昨年の日本シリーズで優勝したソフトバンクの工藤監督がインタビューで、「今年はベンチの雰囲気作りがすごくうまくいった」と話していました。 最新iphone7ケースある控えの選手がものすごく良い働きをしていて、ピンチで雰囲気の悪くなったベンチを盛り上げてくれてとても助かった、と言っています。このようなことは、ビジネスの現場でもきわめて定量的に起きていることなんです。 シャネルiphone7ケース  コールセンターの場合、個人ごとの受注率には差があって、日によっては4番バッターのような人が集まることもあれば、そうでない日もあります。では4番バッターが集まっている日は全体の成績がいいのかというと、そのような相関はないんです。 ルイヴィトンiphone6ケース4番バッターばかりを集めても、チームとして強くなるわけではない。 飯田:コールセンターにはチームワークのイメージがないので、チームの雰囲気は関係ないんじゃないかと思いがちですが、そんななかでもムードは重要なんですね。 シャネルiphone7ケース人格の多様性と行動の多様性があった方が、空気が良くなり、生産性も上がるというのは意外でした。 矢野:良いムードにするのがいかに重要かということですね。 新品エルメスケース個人プレーでマニュアル通りやる仕事であっても、全体のハピネスが効いてきますし、休み時間の雑談や、声をかけあうということが全体に反映してくるんです。 飯田:確かにチーム労働では、空気が重要ですね。 エルメス iphone7ケース大学のゼミもうまくいく学年とうまくいかない学年が明確にあって、その差がどこにあるのかが見きわめにくいんです。すごく優秀な学生を集めたらうまくいくかというとそうでもない。 グッチiPhone7ケース時間に正確で求められた課題をしっかりこなす学生ばかりだからいいわけでもない。明確に説明するのは難しいですが、やっぱりムードメーカーのいる学年の方が不思議とうまくいきがちです。 マイケルコースiphone7ケース(つづく) *** 矢野和男(やの かずお) 1984年早稲田大学物理修士卒。日立製作所入社。 Michael Kors iphone7ケース半導体研究を経て2004年頃からウエアラブル技術により収集したビッグデータ分析や人工知能を活用した企業業績向上研究で注目を集める。開発した汎用AIは既に57案件に活用されている。 ルイヴィトンiphone7ケース東京工業大学大学院特定教授。文科省情報科学技術委員。 グッチiPhone7ケース国際的な賞を多数受賞。著書は『データの見えざる手』(草思社)。 グッチiPhone7ケース 飯田泰之(いいだ・やすゆき) 1975年東京都生まれ。エコノミスト、明治大学政治経済学部准教授、シノドスマネージング・ディレクター、財務省財務総合政策研究所上席客員研究員、規制改革推進会議委員。 ルイヴィトンiphone7ケース東京大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。著書に『昭和恐慌の研究』(共著、日本経済新聞社)、『歴史が教えるマネーの理論』(ダイヤモンド社)、『ダメな議論』(ちくま新書)、『思考の「型」を身につけよう』(朝日新聞出版新著)、『地域再生の失敗学』(編著、光文社新書)など多数。 シャネルiphone7ケース 柳瀬 徹 (フリーランス編集者、ライター)使って仕事をするというイメージでしょうか。